【施術のご案内】3点バランスインソール 3点バランス保持療法|宮城県仙台市青葉区八幡 どんぐり整骨院

3点バランスインソール 3点バランス保持療法

今まで通って下さった方、申し訳ございません<(_ _)>!!今まで以上に根本から改善することが可能になりました!

3点バランス保持療法による健康管理 = 姿勢改善プラン

自分の体のゆがみ(特徴)を知る

遺伝や生活習慣によるゆがみが疲れや痛みの原因です。

重力に負けない強い姿勢作りをする

体にかかる重さ(重力)が常に体をつぶそうとしています。

簡単に継続できる健康管理をする

足元から土台を作り、ちょっとした意識で健康な体を作ります。

3点バランスインソール(靴の底敷)は、人間本来の足の機能を回復させ、足だけでなく体全体のゆがみを正し、「立つ・歩く・走る」際の疲労・負担を極限に抑えます。今までの主流のインソール理論とは全く異なる、新しいインソールです。

この様な方は、ぜひお使いください!使った方がいいです!!

  • 腰が痛い。だるい。苦しい。
  • 肩がこって苦しい。
  • 姿勢が悪い。猫背だ。
  • 足がむくむ。歩くとすぐ疲れる。
  • 体が疲れやすい。疲れが抜けない。朝起きるとだるい。
  • めまいやふらつきがある。
  • スポーツなどでケガが多い。
  • ゴルフの飛距離をもっと伸ばしたい。
  • もっと早く走れるようになりたい。
  • 山登りをしたい。
  • プロポーションをよくしたい。
  • 美脚になりたい。
  • お子さんの集中力をつけたい。
  • もっと成績を伸ばしてあげたい。
商品ラインナップはこちら
使用者の感想はこちら

ビフォーアフター

なぜ、体がつらくなるのか?

体の不調、痛み、コリはなぜ起こるのでしょうか?
いろいろ原因はありますが、主な原因としては、体のゆがみにより前後左右のバランスが崩れ、負担が掛かる部分が出てしまうからです。
では、なぜ体はゆがむのでしょうか?
それは、日常生活の癖、パターン化された姿勢や動き、使い方…だと思っていました。
いや、それはそれで確かに正しいと思います。しかし、いろいろ勉強を重ねた結果、それだけではなかったことに気付かされました。

治療家としての悩み、ジレンマ

今まで、根本から改善しようとしてゆがみや姿勢を分析し、ゆがんでいる所を矯正し、回復させ、体全体が1つのユニットとして機能できるような治療をしてきました。
それは確かに重要で必要なことです。しかし、また同じゆがみがどうしても起きてしまします。
「治療技術が足りないのか…」「生活習慣が変わらないから仕方がないのか…」というジレンマに陥り、ひたすら勉強し治療技術をあげることや、自宅での姿勢指導、運動・ストレッチの指導などを行っていました。
日常生活の長さに比べて、治療の時間というのは「点」でしかありません。日常でいかにゆがみを作らないか、負担をかけないかがとても重要で、キーポイントになる。何かいい方法はないものか…」と考えていた時に、この3点バランス保持療法と出会いました。

あなたは24時間365日、未来永劫ストレスを受け続けなければなりません!

この地球上にいる限り、常に受けているストレスとはなんでしょうか?仕事のストレス?人間関係のストレス?勉強のストレス?そのような精神的ストレスは確かに誰しもあるものです。では、肉体的なストレスはどうでしょうか?
常に受け続けるストレス、それは、「重力」です。地球上に存在するもの全て、地球上にいる限り常に地球の中心に引っ張られています。常に力学的なストレスが掛かっているのです。我々が立ったり、歩いたり、座ったり、寝る時まで常に地面の方向に引っ張られており、それに対抗する力を働かせて動いたり、姿勢を保ったりしています。身体がゆがんでいたり重心バランスが崩れていると、立て直そうとする姿勢反射が起きるのでなおさら負担が掛かります。

重力による力学的ストレスを減らして、負担が掛かりにくい体にするには?

では、どのようにしたら負担を減らせるでしょうか?
体を支えている構造物を強くすることが必要です。
体のことを考える前に、まずは建物=家のことを考えてみましょう。
丈夫で強い家にするには、はじめにどの構造をしっかり作りたいと思いますか?
まずはたいてい、土台となる基礎の部分をしっかり作ります。その次に柱、特に大黒柱をしっかり作って家という構造物をしっかり支えようとします。外壁を丈夫にしたり、内装をキレイにするのはそのあとの話で、建物を支える構造とは別の話になります。
これを人間の身体に置き換えてみるとどうでしょうか?人間の身体を支えるのは筋肉でしょうか?確かに筋肉も体を支える重要な組織ですが、1番ではないのです。では、1番は?家でいう柱の役割を果たすのはなんでしょうか?
それは「骨」です。人間(全ての脊椎動物)の体は、硬い「骨」があって初めて支えられます。24時間365日かかっている力学的ストレスを支えるのは筋肉ではありません。四六時中筋肉で体を支えようとすると「疲労」でしかなくなり、いつかは、というよりすぐに支えられなくなってしまいます。いわゆるこのような状態だと、痛みやコリなどの不快症状が出てきます。
硬い骨の上に骨がのり、その上にまた骨がのる。このような状態がバランス良く組み立てられた構造こそが強いのです。つまり、骨組が前後左右バランス良くのっており、重心が真ん中にあることが、重力による負担を減らす最善かつ唯一無二の方法です。

骨組を傾け、バランスを崩す原因

骨をバランス良くのせて骨組みを作ると良いのは分かりましたが、ではなぜバランスが崩れてしまうのでしょうか?
また、家の場合を考えてみましょう。
先ほど出てきました通り、柱は水平で安定した土台=基礎の上に立っています。土台が傾くと柱も傾きバランスが崩れます。力学的に構造物の全てを支える部分=接地面=土台が最も重要です。
人間の身体の場合は、どこでしょうか?そうです。「足」です。「足底」です。
現代の地球上の人間は一部の民族を除いて、ほぼ全ての人がクツを履いた生活をしています。これこそが、人間本来の足の骨組、足の機能を衰退させました。

人間の体がゆがむ根本原因

人間の場合、ただの建物と違って姿勢反射が起こります。つまり体が傾くと反射的に立て直そうとします。土台の足が傾くと腰の位置=重心が崩れます。腰の位置がずれると肩の位置で立て直そうとします。そしてさらに頚で立て直し目線を水平に保とうとします。
単なる生活習慣による動きのクセだけではなく、重心が崩れて生活しているからこそ体はゆがんでしまうのです。そのような状態だと、立て直そうとする筋肉が必要以上に緊張してしまうので疲労が溜まりやすくコリや違和感、痛み、しびれなど様々な不快症状を引き起こしてしまいます。そして、柔軟性がなくなり、ぎっくり腰や肉ばなれ、寝違い、捻挫などの大きな症状が起きやすくなってしまいます。

人間の足の構造と機能

二足歩行をする人間の立ち姿勢は、踵、親指の付け根(母趾球)、小指の付け根(小趾球)の3つの骨を支点としてバランスを保持しています。
そして、その3点の間が内側の縦アーチ、外側の縦アーチ、横アーチで、いわゆる「土踏まず」です。土踏まずは、この3つの全てが働いて初めて正常に機能します。この中の1つでも崩れると土台が崩れたことになり、その上の体全体が崩れてしまいます。
このアーチは地面から浮いていて、空間があるからこそ足の役割を果たします。その役割とは、以下の3つです。

[1] バランスを保ち、姿勢を維持する土台の働き
[2] 着地時の衝撃や踏み蹴る時のばねの働き
[3] 循環器を補助し、血液やリンパを活性させる働き

「立つ、歩く、走る」などの活動時の疲労を極限に抑えることが出来る!

3点バランスインソールは今までの他のインソールとどこが違うのでしょうか?
今までの一般的なインソールは、アーチ部分を盛り上げることにより、足裏のフィット感をあげています。しかし良く考えてみて下さい。この状態だと、アーチの空間はどうなっているでしょう?ますます隙間がなくなってはいないでしょうか?隙間がないということは、アーチの3つの役割も果たせないのではないでしょうか?
この状態は、よりベタ足になるためにバランス保持が弱くなり、不安定な足元となります。アーチ本来の上下運動を妨げてしまうために、衝撃吸収の効果が弱くなったり、血行や循環器の働きに支障をきたしたり、無駄な疲れを作る原因となってしまいます。

今までの一般的なインソール

それに対して3点バランスインソールは、アーチの基点となる3点を盛り上げることにより、足裏のアーチの上下運動をより行いやすくさせています。各アーチの支点保持力を高めることにより筋肉反応を高め、高い安定性と身体のバランスをコントロールすることが可能となります。そして、重心バランスが取りやすくなることにより歩行が容易になり、転倒予防にも役立ちますし、無駄な疲れが出ないようになります。また、足元からの循環器の活動を促進し治癒促進効果が期待できます。
すなわち、
[1] バランス保持機能
[2] 運動能力の向上機能
[3] 循環器の活性機能
が備わっているのが、この3点バランスインソールです。

3点バランスインソール

「疲労を抑える」とは、どういうことか?

日常生活上必ず使う姿勢保持筋の使用量が少なくて済むので、運動時に使う筋力量が多く使えるということになります。
例えば、全体の筋力が10あったとします。そのうち、姿勢保持に使われる筋力量が5だったとすると、運動時に使える筋力量は5ということになります。
これが、「疲労を最低限に抑えるインソール」を履いた時にはどうなるでしょうか?
姿勢保持に使われる筋力量が3で済んだとすると、運動時に使える筋力量が7になるということです。

アスリートの場合、筋力を鍛えているので全体の筋力が12あったとします。姿勢保持に使われる筋力量が変わらず5だったとすると、運動時に使える筋力量は7ということになります。
つまり、一般人は「インソール」を履くことにより、アスリートと同じ筋力を使えるということになります。
アスリートがインソールを履いた場合は、姿勢保持に使われる筋力量が3に減るので、運動時に使える筋力量は9になるということになります。

高齢者の場合(または筋力が弱い人の場合)、筋力が衰えているので全体の筋力が8だったとします。姿勢保持に使われる筋力量が変わらず5だったとすると、運動時に使える筋力量は3ということになります。
インソールを履いた場合、姿勢保持に使われる筋力量が3で済むので、運動時に使える筋力量は5ということになります。
つまり、高齢者は「インソール」を履くことにより、一般人と同じ筋力を使えるということになります。少ない筋力で体を支えることが出来るようになるので、いつまでも杖をつかずに自分の脚で歩ける体を作ることが出来ます。

3点バランスインソールを使った際に期待できる効果

  • 疲れないキレイでパワフルな姿勢が保てます
  • 膝痛や腰痛、肩こり、各種の筋肉痛を緩和してくれます
  • 第2の心臓と言われている「ふくらはぎ」の血行促進を計ります
  • O脚やX脚、外股、内股などの骨格形状を補正し歩行を安定させます
  • 体中の潜在的なパワーを引き起こすことが可能となります
  • 治癒効果が高まることにより、様々な症状緩和に役立ちます
  • スポーツ分野では想像以上の可能性と結果を出すことが可能です
  • 美容の分野ではダイエット効果や姿勢矯正、歩行矯正に役立ちます
  • 介護予防に向けての国家事業的な可能性を持っています

治療だけに頼らず、通院しなくてもいいような
本当の健康体を作るにはこれしかない!

長年様々な勉強会やセミナーに参加し、治療、とりわけ手技の勉強をしてきましたが先に述べた通り、その時は良くなったとしてもまた同じゆがみや症状を繰り返してしまうことへのジレンマがありました。
ゆがみや症状があるレベルに達すれば人の手による治療は必要だと思いますが(症状によっては、人との接触が必要な場合もあると思います)、本当の健康体を保つには症状が出ないようにすること、すなわち治療よりも予防が大事だと思います。もっと言うと当院で治療することよりも、普段をどのように生活するかの方が大事だと考えています。
その難題を解決してくれるのが、この3点バランスインソールで、いくつかラインナップがありますが、とりわけオーダーメイドによるカスタムインソールしか、強烈なゆがみ矯正作用はありません。これは、個人個人のゆがみや重心バランスのずれ方に合わせてインソールを作成し、足底から重心コントロールをして全身のバランスを整えます。従来のオーダーメイドのインソールとは違い、[1] 足・膝下・全身の写真、[2] 16の質問があるアンケート、[3] 筋力検査の3種類によって、その方のゆがみ方、重心位置を判断して作成します。今までのオーダーメイドインソールは、フットスタンプと呼ばれる足台に乗り、足底のどの位置に体重が掛かっているかをみて、どこをどのくらい持ち上げるかを判断すると思います。そういう部分でも、今までにない理論によるインソールだということが分かります。
カスタムインソール以外でも、疲労させない効果やある程度の症状が良くなる効果はありますが、長年かけて作られた強度のゆがみ、重心バランスの崩れや先天的なものに関しては相当強い矯正力が必要です。
ですので、通院しなくても本当の健康体を保つためには、カスタムインソールしかないと考えています。

インソールで自己管理をすることの最大の利点

治療よりも、普段の生活=自己管理がとても大事だということはご理解いただけると思います。
自己管理は、本当に出来ていれば方法は何でも良いと思います。
運動、ストレッチ、ラジオ体操、ウォーキング、水泳、ヨガ、ピラティス、その他もろもろ・・・。出来ている方は、だいぶ健康を保てていると思います。しかし、本当にそれらをずっと続けることが出来るでしょうか?正しいやり方で出来ているでしょうか?適度な量をしているでしょうか?やりすぎてはいないでしょうか?少なすぎてはいないでしょうか?そもそも適度とはどのくらいかお分かりでしょうか?年齢、性別、元々の体力など個人によっても違ってくると思います。このように、自己管理とはとても難しいです。インストラクターがついてくれていたとしても、継続して維持するのは難しいと思います。そして、それすら生活の中の「点」でしかありません。
では、インソールでの自己管理はどうでしょうか?そうです。簡単なのです。運動やストレッチなどのように「何かをやる」という意思、頑張り、時間を作ることは必要ないのです。ただ、普段の生活をしていればいいのです。
この「無意識の自己管理」が出来てこそ長時間の自己管理、継続性が保たれ、本当に有効性のある自己管理をすることが出来るのです。そして、この管理法は生活の中の「線」となり得ます。
老若男女、誰にでも簡単で確実な、有効性の高い自己管理法なのです。
どんぐり整骨院では、本当の健康体を作るために自信を持ってオススメいたします。

3点バランスインソールの商品ラインナップ

オーダーメイドによるカスタムインソール

足だけでなく、全身の矯正力が強く、手技以上の効果をもたらしてくれること間違いありません。「健康管理・姿勢管理必需品」と言えます。

B-TR EX(ビートレ イーエックス)

足元のバランス保持力を向上させます。土台が安定し血行も良くなります。足首の関節が安定し、膝・腰などへの負担を軽減します。これだけでも十分な効果がありますが、オーダーメイドによるカスタムインソールを使うための慣らし、準備段階として活用するととても良いです。

B-TR SPORTS(ビートレ スポーツ)

3点バランス理論“入門用”のインソールです。
リーズナブルな価格なので、お求めやすくなっております。

STRE(ストレ)

女性のハイヒール、パンプス等に対するストレスを解消します。
姿勢をキレイにするために!足のむくみ対策に!

全国の取扱代理店一覧はこちら